植物とBodyTalk1~植物たちとの日々~ 

最終更新: 5月12日

次第に暑くなってきましたね~(^^)


私もハーブの種を結構選んでネットから買い集め7種類ほど播きました。


バイオダイナミック農法の畑で取れた種子や、

有機農法で栽培されたハーブから取れた種子

ばかりです。


できれば種から栽培して、自分の畑で増やしていこうと思っています。


種を播いた後、芽が出た時なんて最高ですよ。種だけみると

「ほんとに生きてんのかな?」

って感じしますが、それが元気よく目を出すんですよ~。朝起きて新しくでた芽を見ながらコーヒー飲むのが今の楽しみです(^^)


話は飛びますが、私は植物も好きですが、そのまえにセラピストでもあります。

BodyTalkという療法をしていますが、それは人はもちろんですが、植物にもセッション

できると言われています。


人をセッションするときの一つの着地点として「自然治癒力を引き出す」というお手伝いの役割をボディートーカーが努めます。人は生きている間にいろんな出来事から経験をします。その中で感じるストレスやトラウマ、もしくは外的なものが影響して本来もっている治癒力を出せないまま、症状や病気として現れてしまうんですね。


BodyTalkはこの部分にアプローチするんです。クライアントさんの体の「深い部分」と話しながら原因を探すんです。だから「BodyTalk」。 ざっくりなので、詳しく知りたい方は

こちらをのぞいてみてください。


それは植物に対しても同じです。植物たちも何かとストレスなり、外的要因の影響をうけて、ほんらいあるエネルギーを出し切れないまま成長することがありますよね,

特に今は温暖化もあるし、例えばその土との相性が悪いとか、栽培している人の感情が影響しているとか(笑)、植物と今の星周りで作業のタイミングがあるとか・・・・。これは私の勝手な想像ですがおそらくそんなことがバランスできるのではないかと思います。


それに対して、BodyTalkが助けになって、その植物本来のパワーを引き出せないかなと思っています。あとは植物自体が自分の力で成長するだけです。まだ自分の中では試験段階なんですけどね・・・。


私は植物を栽培するときに一番意識したことがあるんですがそれは

「その植物本来のままに自然に育ってもらいたい」という想いがあります。


そんな植物たちはパワーあるんです。・・・と勝手に思ってます(笑)

でもそれってよく聞こえますが、もしかしたら

自然に育った植物 = 形が良い・味が良い 成長が早い

ではないと思うんですよね~。そこが難しいなと感じてはいますが・・・・。

共感して頂ける方にそれも含めて、私の畑でできたハーブや野菜を楽しんで

頂けたらと思っています。


それで、一番簡単でだれでもできる

基本的なテクニックのタッピングを



植物にしてみました。




次回それについて書こうと思います。        農家さんに野菜を沢山頂きました。



わんだふるマルシェ変更のお知らせ


5月22、23日に開催予定のわんだふるマルシェは変更になりました。

コロナ感染状況により、会場での開催を変更しましてZoomでの

対応にさせて頂きました。遠隔でのセッションも可能ですのでご参加お待ちしております。


    Zoom参加でのお申込みはこちらから








送信者

Session Room Bright

代表 門川桂子

HP: https://www.bodytalk-bright.com/

FB: 門川 桂子 | Facebook

✉:  keiko-miyazaki@outlook.jp


23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示