​                                         ボディートークとは

               ボディトークが初めて開発されたのは1990年代で、

               ジョン・ヴェルトハイム氏によって作られました。

               アメリカのフロリダで専門家だけでなく、

               一般の方にも教え始めたところ、このシステムの

              評判が広まり、現在では 30カ国以上、8か国語に

               翻訳されています。

               ボディートークを簡単にいうと、自然治癒力を

             高める療法です。

             私たちは本来、考えているよりも能力の高い治癒力

             を持っています。

            しかし、肉体的・感情的ストレス、環境的な要因

           などが自分の自然治癒力を妨げる原因になっています。

           ボディートークでは症状のある部分だけではなく、

            その人の精神面・感情面・環境面・肉体面

            すべてを含めた視点から原因を見つけ、アプローチします。

          そしてその人本人の自然治癒力を高められる

                             ようサポートします。

    

    より詳しい内容は

   ボディートークジャパンアソシエイションHP

       www.bodytalkjapan.com をご覧ください。 

​              ボディートークで認められている効果  

      

 

頭痛  

肩こり

アレルギー  

アトピー

     内臓

内分泌疾患

恐怖症  

うつ

不妊

情緒障害 

 多動性障害

 不眠  

ストレス 

ウィルス疾患

 感染症

事故外傷リハビリ

  慢性疲労

胃腸障害  

関節炎

スポーツ障害     

  PTSD

ジョ・ヴェルトハイム氏

具体的にどのような施術なのか

                 ボディートークでは体の中のネットワークが

                 どこで滞っているのかをまず見つけていきます。​

                 施術を受ける方にはリラックスして仰向けに寝て頂き、

                 施術者はその手首を軽く持ちなら重さを確認します。

               その時施術者は、手の重さを確認しながら

               質問をしています.質問に対して手が上がれば「Yes」、

              手が重ければ「NO」というように 普通に口答ではなく

             体に質問をして手の神経の反応で答えを出していきます。

              ここで得られた結果は、普通に病院で言われる

              診断とは違います。ボディートークは基本的

              に診断は行いません。

              一つの同じ症状があったとしても本当の原因

              は一人一人違い、

              本当に体の心身を理解しているのは

             皆さん自身の天性の知恵(インネイトウィズダム)です。

              私たちは天生の知恵に聞くことで原因を探し、 

               体が自然治癒力を取り戻す手助けをします